(仮称)犬山里山学センター 2004年7月 愛知県
博物館/コンペ
 建築施設に関しては自然に対し受身でなければならないという概念のもと、「自然より建てる許可を得た建築物」とします。雨、風、光などの自然現象により支障のある機能に対してのみ、建築でサポートする事とします。また里山を継承、発展させる活動の拠点となるスペースを確保します。




戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。