第6日目 12月12日(土)



8時
“起床”・・・というか携帯を見られるようになったのが、この時間。

外が明るくなったのは知っていたし、どれくらい寝られたのかも分からない。
夢と現実が交差し、船が沈没して海へ逃げる夢も見た。
逃げる際、先日描いたスケッチとカメラだけ手にして逃げた。
おそらく夢でなくても、それを選択していただろう。



10時
あの“ミサイル攻撃”はなくなったが、大波は続く。
この波くらいなら、台風の時と変わらぬレベルだ。

顔を洗い、つかまりながら歯磨き。
到着が1時間遅れるとアナウンス。
やはりまだ無理があったようで、自室に戻ると横になる。



12時30分
ようやく大島近郊か。
揺れは治まってきた。



13時
波が静まってきたら、早速お誘いが・・・。
皆ストレス発散という感じで飲み始めた。

旅の最後にやっと会話ができるようになり、
いつもは誰かがしゃべれば他は聞くのだが、
その遠慮はこの宴ではなかった。



15時30分
到着1時間前でも宴は続く。
通常では到着している時間だ。



16時
艦内に「蛍の光」が流れ、居酒屋の閉店風景と似ていた。

急いで身支度を整える。



16時30分
竹芝桟橋着。

無事と言えるのかよく分らないが、頭が痛い。
脳ミソは揺れたまま。

会社に電話すると「待ってました。」と言わんばかりの1コール出。
肩を落とし、会社へ向かう。

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。