第6日目 2月22日(月)




7時
起床。



7時半
予定通りの到着予定と船内アナウンス。

おそらく今日は何も起きないだろうと思い、
帰ってからやる仕事と宴の事を考えていた。

気になるのは昨日のクジラくらい。



10時
昨日の昼から何も食べていないぞと胃が警告。
買っておいたカップラーメンを食す。



10時半
仕事開始。

おそらくこのまま出張日記は終わるであろう。
島での物件数も増え、バタバタのまま出張を終える感じであり、
いささかこの文章を読み返すと面白みに欠ける。

実は島の内情も少しずつ分かってきて、
東京都が支援せねばなかなか島が成り立たない側面もある。
内地と同じような様々な問題も起きている。

工事現場の遅延にも、いろいろな理由があるようだ。
強引に工程を修正したが、それが本当に正しいことだったか否か。
建設土木の会社は民主党政権で刷新され、
仕事が内地でほとんどないという。

現在の公共事業が、世界遺産にする為の整備であるのならば、
この島は世界遺産になる必要が本当にあるのか。
人間の醜い部分が集約された島になってはならないし、
その為に田中にできることは何か・・・、
この悩みを解くにはかなりの時間を費やしそうだ。



12時
東京湾内へ。

   

船長から自衛隊の潜水艦が見えるとアナウンス。

帰りの船もほとんど揺れなかった。
会社に電話し、今日は土産で宴を開くと準備・買出しを依頼する。



13時
天気がよさそうなので、外に出ようとデッキへ。
寒さに驚き、すぐに部屋へと戻る。

   



13時半
電波圏内に入ると、匂いを嗅ぎつけたかメールや電話が鳴るようになる。
一人部屋だから良いモノの・・・まるでオフィスのようだ。



15時
船が止まりそうなスピードで進む。
おそらく早く着きすぎて時間調整であろう。

もうお台場沖にいる。
早く到着しても誰も怒らないであろうに。



15時半
竹芝桟橋到着。

さっさと会社へ行き、さっさと仕事を終え、
今日はスタッフと美味い酒を飲もう。



戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。