第2日目 9月9日(木)





4時
起床。

相変わらずの頭痛だが、少し楽になった。



5時
寝不足で体がダルイ。
ストレッチ。



6時
読書。



8時
到着20分遅れとアナウンス。

   

   



10時
到着10分遅れとアナウンス。
今回もカツオドリのお出迎え。

   

   



10時30分
隣の若者と会話をする。

彼も私が気になっていたようで、
作家さんかと思った・・・と。

こんな頭していればそう思われて仕方ないか・・・。



11時
何故か気が合うと思うようになり、
話を続けていると、大学の後輩であると知る。
大学のダイビングサークルOBで今回はその付添だという。



11時40分
到着してしまった。

話し込んでいたので何時ものように写真はとれなかった。
急いで身支度し、下船する。



11時50分
出迎えた仕事関係者と簡単なスケジュール打ち合わせをし、
いつもの宿へ向かう。



12時
遅かったので心配そうに出迎えられたが、
目が合えばいつも通りのスタンス。
部屋もトゥウィンの部屋。

前回の渡航時、ハンプティさんはいなくて、
妹さんが対応してくれたが、
その時内地に行きカーテンやシーツを大量に買ったそうで、
部屋が模様替えされていた。

楽しそうに説明してくれる姿を見ていると
こちらまで豊かな気持ちになる。



12時30分
昼飯。

店に入ると知人ばかり。
頼んだことのない「つけ麺」を大盛りで注文。
食すと「冷やし中華」のタレをかけていないだけのもの。

800円・・・がっかりしながら店を出る。



13時10分
公衆電話から会社に電話。

島でテレホンカードは売っていないと聞き、
10円玉を数十枚用意。



13時30分
役所で打ち合わせ。

   



14時30分
打ち合わせ終了。

現場へ14時に行くと伝えていたが、こんな時間。
早歩きで向う。



14時50分
向こう側から仕事仲間。
申し訳ないと頭を下げ、一人現場へ向かう。



16時
バタバタしながら仕事終了。

一人歩いて宿へ向かう。

途中、親分と遭遇。
鞄の中に入れていた雑誌を渡す。

親分に連れていってもらったガジュマルの写真が掲載されたと説明。
嬉しそうに受け取ってくれた。

   



16時20分
メールチェック後、会社に電話。

10円玉を20枚用意していたが、
全てなくなり仕方なく100円玉を入れたら話が終わった。

貧乏性の私にとってこのようなケースをかなり不運に感じる。



17時
浜へ。

とりあえず、汗を流す為に海に入る。
台風の影響からか、海水が濁っていてつまらない。

こいつのせいかと目の前に停泊中の軍艦をニラム。

   



17時30分
宿に戻りメールの山に返信。



18時30分
いつもの店へ。

入ると仕事の関係者が座っており、
女性店員が皆で私に「おかえりなさい」という。

いくらなんでもまずいだろうという顔をしても、
店員は分かっていない。

座って飲みだしたら、
島レモンをサービスされ、
この酒飲めと言われ・・・竜宮城のようだ。



22時
気付くとこんな時間で、
明日8時半から打ち合わせだから帰ろうという事になる。

帰ろうとすると、カウンターに知人が待ち構えており、
「では一杯!」・・・と飲みだすと、仲間が集まるもので、
これまた時間は過ぎ、話は尽きず、笑いも尽きず。



24時
本当にまずいからと言って、店を出る。

島の人たちは楽しそうだ、うらやましい。



25時
山のような受信メールに返信して、床に就く。

                                 第2日目終了 第3日目へ続く

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。