第4日目 12月6日(月)





7時
起床。

即座に身支度を整え、仕事の準備。
昨晩の深酒を少々後悔するも、気分は上々。
ただし、身体は悲鳴をあげていた。



8時
朝食。

ハンプティさんの具合が悪いからか、何時もと味が違う。



8時30分
外出、早歩きで待ち合わせ場所へ。

   



9時
車で移動。
今日は山登り。

   

   

   

   

   



11時
山登り終了。
筋肉痛に拍車をかける。
下り坂では膝が笑っていた。
こんな山頂のような現場は往復だけでかなりシンドクなるだろう。

   
             村役場前の“鯉のぼり”ならぬ“鯨のぼり”



11時30分
小笠原支庁へ。

環境配慮についての打ち合わせ。
世界遺産になったらもっと厳しくなるだろう。
小笠原支庁へ行くと、いろいろな方から声がかかる。
約2年でここまでなるのは私の特技なのかもしれない。



12時
打ち合わせは延長し、
他の方から13時30分に来てよと頼まれる。



12時30分
打ち合わせ終了。

急いで宿に向かい、その途中でおにぎりを購入。
宿にてメールチェックしながら午後の打ち合わせに備える。
おにぎりは何味だったか覚えていない。



13時15分
少し早いが午後の打ち合わせ場所へ到着。
書類をチェックし、現場を確認。
これを直したいと新たな相談を受け、
またまた仕事が増えてしまった。



14時
次の打ち合わせに向かう。
携帯で今向かっているというと、
迎えにくるという。
かなりタイトなスケジュール。

施工会社へ到着して、書類等チェック。
のんびりしているから、どうもキレの悪い打ち合わせとなる。
何を言いたいのか、何が本音か分らない。

会社に連絡して書類をファックスしてもらい、
こちらから指示して書類を整える。
捺印後、現場へ向かう。



15時
現場前で休憩する作業員の方々に挨拶をして、建物内部へ。



15時50分
現場のチェックを終えて外に出ると、
まだ作業員の方々は休憩中。
これがこの島の良さでもあり、その逆でもある。



16時
親分の会社へ送ってもらう。

渡航前に相談に乗ってもらった事を確認する為の打ち合わせ。
この打ち合わせが今回の渡航で最も重要である。
親分の親分までも参加していただき、
心温まるご助言をいただいた。

雑談として、
私の提案した「ニューツリーハウスをどうすんの?」といわれ、
「この辺の空き地に建てさせてくれないか」と談笑。



18時30分
疲れ果てた帰り道、会社に連絡して、多少のやり取り。
いつもは通らないショートカットトンネルをクグリ、宿の前に立つ。
今日はかなり疲れた。
腰も首も足も肩も全身が悲鳴をあげている。
宿の階段を登るのがキツイと初めて感じた。

部屋で残務を行い、約束していた知人からの連絡を待つ。

   
            二見港にあるガジュマルのクリスマスイルミネーション



19時30分
外出。
数度一緒に飲んでいる知人、というよりは既に友人のようなものだ。
彼と話が合ったのは、おそらく私のオジサンの家の近所に彼の実家があるから・・・。

かなり忙しく働いているようで、疲労からか楽しい宴はショートカットする。
・・・といっても3時間は飲んだ。



22時30分
彼と別れてカメ店長の店へ。
カウンターへ座ると、昨晩の主人公が子供のような女性を連れて座っていた。

鼻の下を伸ばし、オヤジ丸出し。
でもこのオヤジっぷりが、皆を楽しませていた。

カウンターの向こうのカメ店長が、わざと二人をイジル。
その挑発を互いに利用して、その場を楽しんでいた。
時には私も巻き込まれた。

本日、奥さんの誕生日パーティがあると言っていた住宅の施主も呼び出され、
これまた宴は最高潮。

小娘は、23時には帰船した。
明日は船上で働かねばならない。



25時
カメ店長に気を遣ったオヤジは、
店を移そうと先に席を立つ。

我々は行かないと笑顔。
携帯が鳴るも出ずメールも無視し、若者はオヤジをカラカッタ。



25時30分
店を出て、彼が待つ店へと向かうが彼はおらず、
もう船に戻ったと聞く。
船乗りのオヤジにはプライドがあるらしく、
一度船に戻ると降りてこないらしい。

冗談を詫びて「降りてきて」と伝えるも、
それは叶わなかった。

まぁいいか・・・ということで、3人で飲み続け、
店主も参加して更に飲み続けた。



28時
「そろそろ帰らないとまずいだろう・・・」と田中が言いだし、
「そりゃそうだ」と言って席を立つ。
会計は2,000円、それ以上は受け取らず、

タダ酒を飲ませてもらったようなものだ。
何リットル飲んだことか・・・。



28時10分
静かに扉を開けて、鍵を閉め、電気を消して階段を上り、
部屋の扉を静かに開閉して床に就く。

                                 第4日目終了 第5日目へ続く

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。