第2日目 2月18日(金)





6時30分
隣の方に「電気を付けて良いか」と問われ起こされる。
それから一時間のトークに付き合う。

どうも同部屋になる人は、私に話すのを楽しむ傾向にある。
聞いているのも大変だ(笑)。
八丈語の話や日本の世界遺産はたいしたことないなど、
世界中を飛び回った人のようで、嫌みのない自慢話。
世界遺産マニアらしい。

今年の夏以降は、このような観光客が世界中から集まることだろう。
その頃、私の役目は終わっているのかもしれない。



9時30分
聟島列島が見えるところまでやってきた。
写真は撮ったがいつもと変わらぬ風景。

着るものに困っていたが、暖かそうで良かった。
部屋に戻り、カップラーメンを食す。

   

   



10時30分
船内アナウンスにて、到着時刻の変更。
10分遅れると聞くが、やけにノンビリだと感じた直後。

サボっていたのではないか・・・。

   

   



11時
窓の外から父島が見えている。
これは予定通りに到着するだろうと身支度を整え始める。



11時30分
予想通りに着岸。
あのアナウンスは何だったのか・・・。



11時40分
下船する際に、船のレストラン店長と目で合図。
一度野球をして数度杯を交わした仲である。

このあたりの関係が、体育会出身にしか分からぬ男の世界である。



11時45分
港で待つ親分に挨拶。
今回の渡航前にいろいろと助けていただいたので、手土産を渡す。
仕事仲間の輪に戻り、
午後からの打ち合わせスケジュールを確認し、
「宿は?」と聞かれ「いつものところ」と即答。

皆は首をかしげるが、
私には最も居心地の良い民宿である。



12時
民宿「がじゅまる」に到着。

扉を開ける前から、宿のお母さんと言葉を交わす。
「いつもの部屋で・・・」と言われ、「食事もいつも通り」と。
「風呂も夜中に帰る事もいつも通り」と笑い、
土産のチョコレートを渡す。



12時10分
部屋にて早速電話とメールチェック。

これはまずいだろう・・・20件くらいのメール返信。
質疑応答、問題解決。



12時50分
こんな時間になってしまった。

昼飯抜きを決意し、支庁へ向かう。
途中で昼食帰りの知人に声をかけられ、
苦笑いをしながら早歩き。

足首が痛いのでどうも早く歩けず、
周囲から笑われていないだろうかと辺りを見渡すも、
閑散としている。



13時40分
打合せ終了。
軽い“イジメ”はあったものの、慣れたものだ。
次の打ち合わせに行かねばと、
早歩きできない足にイラツク。



13時50分
宿の前で、知人らが送迎車を待っていた。
今日だけは乗せて欲しいと頼む。
いつもは道草しながら現場に向かうが、
今日だけは車に乗れて助かった。



14時
打合せ現場に到着。
長い付き合いの現場担当者は、ノンビリしているように見える。
この人たちとどのように付き合えるかが、
この島での監理の最重要ポイントである。



16時30分
打合せ終了。
親分の会社へ向かいトボトボ歩いていると、親分の車。
足を引きずっている私を拾ってくれた。



16時45分
明日は雨だということで、
相談も中途に暗くなる前に現場へ行こうという話になる。
このあたりの行動力は、流石親分である。



17時
現場着。
現場と行っても、これから山登り。

60歳は過ぎているだろうという親分は、
私よりも機敏に力強く歩く。
山を登って私の質疑に答え、必要な電話連絡をし、
暗くなるギリギリで下山した。

この山道には戦争の残骸がまだ残る。
錆びた大砲などは普通に残置され、
何とも考え深いモノがある。
このようなところで仕事をさせていただいていることが、
私には貴重な体験となるはずである。

こんなところで人は殺し合ったのか・・・。



17時30分
明日の午後に親分の会社へ行くことを約束し、宿の前で別れる。

部屋へ戻り、メールチェックと会社へ電話。
溜息の連呼で、疲労コンパイ。



18時30分
小さな赤提灯街へ向かう。



18時40分
カメ店長が、本当にいないのか確認。
海外(外国)へ行っているらしい。

・・・であれば、今回はこの店に行くことはないだろうという事で、
仲間の集う店へ行く。
コの字のカウンターを囲うこの店内は、
偶然にもほとんどが知人となってしまい、
この店長からのサービスで、
トロケルような牛刺を頂戴する。

かなりの絶品であった。



22時
少人数にしたかったのと、
店員も飲みたいという事で隣の店へ移動。
この店の店長とも仲良くなっていて、
カウンター越しに盃を交わす。



24時
明日また宴会をしようという事で、本日は早めに解散となる。



24時15分
今日は外階段から部屋に入る約束で、
鉄骨階段の足音を気にしながら、おそるおそる床に就く。

                                 第2日目終了 第3日目へ続く

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。