第6日目 2月22日(火)





6時
起床というか、無理無理起きた。

腰が痛くて寝ていられない。
窓の外に島が見える。
三宅島かその辺りの島。

いつもはこの窓の反対から見える島。
航路を変えたのは事実であった。

まだ揺れている。
10分もせずに横になる。



12時
大島の近くか・・・。
まだ揺れている。



13時
そろそろ房総半島か・・・。
まだ揺れている。



13時30分
房総半島が見えていた。



14時
ようやく波が落ち着いてきた。
到着時間変更のアナウンス。
2時間半の遅れらしい。

電波圏内になったところで、
集合がかかる。



14時30分
どうだったか・・・と具合の探り合い。
知人も数名ゲロゲロだったと。
せっかくだからとアルコール摂取。



17時
部屋に戻り支度をしていると、
同部屋の方から、昨晩の揺れについてコメント。
もうこの船に乗りたくない・・・酔い止めも効かないし〜(延々)。

だが、彼は178カ国に行ったことがあるという話には驚いた。
やっぱり凄い人なんだろうと再認識。
身分を明かさないところがまた不思議なところで・・・。

ただ、「老人は早く死なねばならない」と何度も言っていた。
「早く癌にでもなって死にたい。
後世に借金ばかり残して、自分達は年金暮らし、
早く死なねばならない」と何度も何度も。



18時
竹芝桟橋着。

やっとの思いであったか、皆疲れているようであった。
脳ミソはフラフラで腰痛・首痛を土産にもらって、会社へと歩く。

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。