第3日目 5月21日(月)





5時
起床。

かなりの悪夢にうなされて、汗びっしょりであった。
2度寝を試みるも、鳥の歌声で眠れなくなる。

朝食時間は変更できないし、とりあえず仕事をすることとする。
こんな朝早くから仕事をしたことはあったか。



7時
スタッフにビッシリメールを送ると、下から朝食の匂いがしてきて、
そろそろ風呂にでも入るかと階段をおりる。

ハンプティさんと挨拶し、入浴後テーブルに座る。
かなり美味い朝食であった。



8時
身支度を整え外出。

1時間かけて寄り道をしたが、鳥がいつものように歌いながら着いてくるだけで、
猫や魚は姿を現さない。
鳥は相変わらず誇らしげで楽しそうだ。

   

   



9時
打合せ現場着。

私のプレゼンタイムであったが、あまり上手く説得できなかった。
昨日の観光客と悪夢が重なり、調子が出なかった。



10時
現地調査。

大きなガジュマルの樹の下に建てる計画。
巨木とニラメッコをしていると、鳥がまたその枝にとまり歌い出す。

   

   



11時
もう一つの相談で現地調査。

   

   



12時
昼食はトンカツ、情けない自分を奮い立たせるつもりだったが、
腹いっぱいになっただけ。



13時
再度打合せ。
あまり調子が乗らない。



14時
工事現場へ。

職人はゆっくり島時間の休憩を楽しんでいる。
いつまでたっても仕事が始まらない。



16時
別の打合せ。



17時
先ほどの職人の様子を伺い、その後に検査。



18時
ひとり歩いて宿へ向かう。



18時30分
メールラッシュを手際よくさばく。

この出張日記が単調なのも、昨日のカメに対する人間の悪態のせいである。
私はかなり憤慨している。



19時30分
会社から連絡。
広告会社とのやり取りを、メールと電話で行う。



20時20分
フラフラと夜道を歩く。

今回、田中が来ているのは飲み屋街では伝わっているだろうが、
私はいつもの店を避け、人気の少ない店へ消える。

新しい店であったが、カウンター席のため壁と会話をしながら酒を飲めということか・・・。

客も少ないのだからテーブル席にして欲しかったと思いつつも、
本を読みながらアルコールを摂取する。



21時30分
5杯くらい飲んだら腹が満たされ、星空に誘われて浜へと向かう。



22時
一人暗闇に座るが、波の音しかしない。

人影もなく、カメが上陸する絶好のシチュエーションだが、
ウミガメは現れず。

昨晩のカメは、諦めて海に産み落としてしまったのか・・・。


会社に連絡するとスタッフも帰るところだと聞き、携帯を切る。



23時
新たにたまっていたメールをさばき、少し早いが床に就く。



                                 第3日目終了 第4日目へ続く

戻る


写真・文章等の無断転載はご遠慮ください。